アクアリウムに関するブログです。Instagram、YouTubeにもアップしています。

ミナミヌマエビを産卵ケースに移しました

大水槽でいつの間にか増えているミナミヌマエビですが、抱卵している個体が何匹かいます。そのままでも良いのですが、産卵ケースがあるので移してみることにしました。

先日、ちびアベニーたちを入れるためのケースを購入しました。

やっぱりケースを買いました

 

この時、迷って一緒に買ったのがこちらの産卵ケースです。

 

ちょうどミナミヌマエビが抱卵していたこともあって、使ってみることにしました。

内容物はこんな感じでフィルターもついています。

フィルターの取り付け方によって、孵化した後の育成ケースとしても使えるようです。

説明書の注意書きにも書かれていましたが、水位によってはフィルターの隙間から魚などが脱出してしまうことがあるようです。ミナミヌマエビだと本当に脱出しそうなので、応急的ですがスポンジを詰めておきました。

フィルターにはポンプからのホースをつなぎます。ブラインシュリンプ用に使っているものを分岐させて使います。

とりあえず捕まえることができた2匹を投入しました。

 

たまたまですかね。脱出防止用に詰めたスポンジに取り付いていることが多いです。水草におもりを付ける時に使っていたスポンジを流用したので、エサと勘違いしているんでしょうか。それとも本当に脱出しようとしているのかも。

 

ミナミヌマエビの場合、抱卵期間は2〜4週間のようです。いつから抱卵していたのかはわかりませんが、色などで孵化時期が近づいているのがわかるそうです。しっかりと観察してみたいです。