アクアリウムに関するブログです。Instagram、YouTubeにもアップしています。

どうやら我が家のプレコはサッカーらしいです

プレコ

我が家の水槽にはプレコがいます。もともとは水槽の汚れを掃除してくれるらしいという情報があり、飼ってみることにしたのです。

最初の頃は手頃な大きさだったのに…

もともとはアベニーパファーを飼育していたのですが、本格的なアクアリウムは初めてで水槽の手入れなどにも四苦八苦していたところ、水槽のガラス面がコケで汚れたり、食べ残しのエサなどの影響で汚れが目立つようになりました。

調べてみたところ、水槽を掃除してくれる魚がいるらしいことがわかりました。また、プレコ以外にもエビや貝類なども効果があると知りました。

早速、ペットショップへ行って店員さんにも話を聞いてみました。この時、買ったのがプレコとオトシンクルスでした。(後にミナミヌマエビやイシマキガイなども買いました)

買った時には10〜15cm程度だったと思います。当初は2匹だったのですが、1匹は成長せずに★になってしまいました。不慣れな飼育と環境が合わなかったのかもしれません。

プレコ

それが、いまや20cmを大きく超えていて 60cm水槽がせまく感じるほどです。これ以上大きくなると厳しいですね。

プレコ

さらに長さ以上に横幅(でいいのかな?)も倍以上に成長しています。

ひとくちにプレコと言っても多くの品種がいます

プレコストムスが正式名称のようですが、単にプレコで通じるようです。

ナマズの仲間なんですが、多くの種類がいるらしく体長も10cm程度から1m以上になる種類もいるそうです。寿命も数年〜10年と様々ですが、体長に比例して長いようです。

我が家のプレコは調べてみると、どうやらヒポプレコという種類のようです。比較的よく売られているのですが、大きいものでは50cm程度にまで成長することもあるらしく、環境には注意が必要ですね。

ちなみに、サッカープレコとも呼ばれるそうです。

体の模様がサッカーボールの模様に似ているからなのかなと思いましたが、soccer ではなく、吸盤を意味する sucker の方でした。

プレコ

口が吸盤のようになっているからなんでしょうね。よく水槽のガラス面にくっついています。

プレコ

大きな眼と鼻の穴?が目立ちますね。

プレコ

普段は背びれを畳んでいるのですが、エサを食べるときなどには背びれを立てています。