アクアリウムに関するブログです。Instagram、YouTubeにもアップしています。

さよなら、爺さまフグ。寿命だったのかな。

ちびアベニーたちに混じって生活していた爺さまフグ。我が家での飼育期間も4年以上が経過していましたが、ついに…

またもや行方不明…

少し前に行方不明になった記事を書きました(爺さまピンチ!

ある日、エサを与えようとしたところ、ちびアベニーたちは集まってくるものの、爺さまフグが見当たりません。どこかに隠れているのかなと思っていたのですが、なかなか出てきてくれませんでした。

水槽を上から覗いてみると、奥の方にいました。

見つけたものの動く気配がありませんでした。

残念ながら、すでに☆になっていました。前日は普通にエサを食べていたのですが、何があったのかはわかりません。

我が家にやってきたのは、購入時の記録がないので詳しくは覚えていないのですが、2014年にはすでに水槽にいました(以前のスマホの写真に残っていました)

一般的には、アベニーパファーの寿命は3年程度となっているようですが、購入時の大きさを考えると4〜5年になると思います。

なので、老衰の可能性もありますが、やはり残念なことです。

 

残ったちびアベニーたち(現在は5匹)をしっかり育てていこうと思います。